バンクイックでキャッシングを利用した武田さん(仮名)の体験談

私達は夫婦で小さな店を営んでいるのですが、先日主人が働き詰めて倒れてしまい入院することになってしまったのです。
店の方は主人がサラリーマンをしていた時代に貯めたお金で始めたため、借金自体は無かったのですが店を開くために全てのお金を使い果たしていたので、貯金はすでになくなっていました。
幸い店の方は順調に行ってはいたのですが、従業員を雇う余裕がなく二人で切り盛りしていたため、主人が倒れたことで何もできなくなってしまったのです。
ただ、今考えれば従業員がいたからといって主人の指示なしで上手にやっていくこともできなかったでしょうから、結果的にはこれは良かったのではないかと思いました。

しかし、倒れてしまった時にはそのようなことを考える余裕もなく、どうして良いのかわからなくなってしまったのです。
ただしばらく安静にしていれば良くなるということでホッとひと安心したのですが、そうなると今度はお金のことで悩むようになってしまったのです。
治療費はもちろんのこと生活費も店を閉めている間は収入が無いため、どうすることもできません。
そこで私は暫くの間パートの仕事をすることにして、その間に足りないお金はキャッシングを利用して捻出することにしたのです。
パートの仕事はすぐに見つかったため、次にキャッシングをする場所を探してみたところ、バンクイックが金利もそこそこでいい感じだったので利用してみることにしました。
ただ収入が少ない状況だけに、借りることができなければどうしようかという不安もあったのですが、特に問題もなくお金を借りることができその場を何とか凌ぐことが出来ました。
金利もそこそこだったということもあり、私のパートの稼ぎだけでも少しずつ元金を減らすことができていたのですが、その後主人が回復して店を再び開いてからは無理なく返済をすることができるようになり、最後には全て返済することができたので、本当に良かったと思っています。

消費者金融おすすめ

キャッシングの限度額とは

テレビコマーシャルやインターネットのバナー広告、クチコミでキャッシング、との名前を目にする機会が多くなりました。

キャッシング、といっても若い人や利用をした事が無い人ですとその実態について不透明に感じられるのではないでしょうか。

キャッシングとは20歳以上の人物がお金を借り入れることができるサービスであり、フリーキャッシングとなると利用用途が自由であるために、交際費、車検代、買い物費用、習い事のための学費、と自分の好きに利用ができる自由度の高いサービスとなっています。

ただし、事業の経営費用にはできない場合があるために、借り入れて経営費用としたい人は注意が必要です。

パート、派遣社員、アルバイト、学生でも条件を満たしておれば利用ができるために様々な人が利用できます。

正社員や公務員も勿論借り入れができますが、大手の会社員だったり、堅実な公務員である場合は限度額が多額になる傾向があります。

限度額とはそのキャッシング機関で借り入れできる最大の金額です。

限度額内ならば借り入れと返済を自由に繰り返す事ができるために非常に便利です。

限度額はその人の収入や年齢などによって上下しますが、当然返済をしてくれるとの信頼が厚い人物には多額を貸し付けてくれます。

金融事故の経験が無い、正社員、ボーナスがある、他社から借り入れをしていない、その他ローンも無い、となると一般以上の限度額を望めます。

限度額の増額は自分から申し込む事も可能。

その金融機関で借り入れと返済を何度も繰り返しており、返済滞納などの金融事故が無いとなると増額申し込みにも対応してもらえる可能性が高くなります。